WEBサービス・アプリ

IFTTTでOneDriveのレシピを解説!

とても便利なツール「IFTTT」。今回は「OneDrive」を使ったレシピについて考えてみます。IFTTTって何?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 IFTTTの使い方を日本語で解説!

Sponsored Link

「OneDrive」とは何か?

OneDriveはクラウドストレージサービスです。OneDriveにファイルを保存しておくと、ネット環境があればいつどこからでもファイルにアクセスすることができます。

 

IFTTTで使える「OneDrive」のトリガー

OneDriveのトリガーはありません。

 

IFTTTで使える「OneDrive」のアクション

OneDriveで指定できるアクションは1個あります。

【Add file from URL】
「指定されたURLからファイルを保存する」というアクションです。1度にできるファイル保存の上限は30MBです。

・File URL ファイルのURLを指定します
・File name ファイル名を指定します
・OneDrive folder path フォルダを指定します

 

「OneDrive」を使ったレシピの例

OneDriveを使ったレシピを紹介します。

・iPhoneなどで写真を撮ったらOneDriveに保存する

IFTTT Recipe: Upload all new iOS Photos you take to OneDrive connects ios-photos to onedrive

・Instagramに投稿した写真をOneDriveに保存する

IFTTT Recipe: Save your Instagram photos to OneDrive connects instagram to onedrive

・Dropboxにファイルを保存したらOneDriveにも同じファイルを保存する

IFTTT Recipe: Sync new files added to Dropbox to OneDrive connects dropbox to onedrive

・Andoroidの写真をOneDriveに自動的に保存する

IFTTT Recipe: Automatically save photos to Onedrive  connects android-photos to onedrive

・Facebookに投稿した写真をOneDriveに保存する

IFTTT Recipe: Save the photos you upload on Facebook to OneDrive connects facebook to onedrive

 

まとめ

今回はOneDriveを使ったIFTTTのレシピについて解説しました。OneDriveは主にバックアップとして活用できるサービスですので、それに関するレシピが多いですね。

Sponsored Link

-WEBサービス・アプリ

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5