WEBサービス・アプリ

IFTTTでAndroid Batteryのレシピを解説!

とても便利なツール「IFTTT」。今回は「Android Battery」を使ったレシピについて考えてみます。IFTTTって何?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 IFTTTの使い方を日本語で解説!

Sponsored Link

「Android Battery」とは何か?

Android BatteryはAndroidの充電に関する情報を知ることができるものです。IFTTTでこのレシピを使うためには、あらかじめアプリをインストールしておく必要があります。

 

IFTTTで使える「Android Battery」のトリガー

Android Batteryは3個のトリガーがあります。

【Battery is low】
「バッテリーが少なくなったら、」というトリガーです。

【Device is plugged in】
「Androidが接続されたら、」というトリガーです。

【Device is unplugged】
「Androidの接続が解除されたら、」というトリガーです。

 

 

IFTTTで使える「Android Battery」のアクション

Android Batteryで指定できるアクションはありません。

 

「Android Battery」を使ったレシピの例

Android Batteryを使ったレシピを紹介します。

・バッテリーが少なくなったら通知を受け取る

IFTTT Recipe: Get a notification when your battery is getting low. connects android-battery to if-notifications

・充電の履歴をGoogleDriveに保存する

IFTTT Recipe: Log every time you charge your phone to a Google spreadsheet connects android-battery to google-drive

・バッテリーが少なくなったら、Wifiをオフにする

IFTTT Recipe: Turn off WiFi when your phone's battery is low connects android-battery to android-device

・バッテリーが少なくなったら、メールを受信する

IFTTT Recipe: If your phone's battery is low send yourself an email connects android-battery to email

・充電の接続を解除したら、ミュートを解除する

IFTTT Recipe: Unmute your phone when you unplug it connects android-battery to android-device

 

 

まとめ

今回はAndroid Batteryを使ったIFTTTのレシピについて解説しました。Android Batteryのレシピをうまく活用できれば、気づいたら充電が無くなっていたということも少なくなりますね。

Sponsored Link

-WEBサービス・アプリ

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5