就職活動

就活の流れとやることについて解説!

ここでは就職活動の流れと就職活動でやっておくべきことについて説明していきます。就職活動の全体の流れとやるべきことを知ることで、効率よく就職活動を行うことができます。

「何から手を付けたら良いのかわからない」という人は見ておくと良いかもしれません。

Sponsored Link

就職活動の流れ

就職活動をするにあたっての一般的な採用の流れは下記の通りです。

<一般的な採用の流れ>

1.企業にエントリーする
2.企業説明会、Webセミナーに出る
3.Webテストを受ける
4.エントリーシートを出す
5.面接をする
6.内定をもらう

※3と4は逆の場合もある

 

企業にエントリー

これは特に難しいことではないです。企業にエントリーすることで、その企業に対して興味がある、採用される意志があることを示します。エントリーしなければその企業の採用情報やスケジュールが分からないので、気になった企業に対してはエントリーしていきましょう。

 

企業にエントリーすると、説明会やWebセミナーの案内が送られてきます。会社の資料を頂くこともあります。

企業説明会、Webセミナー

説明会に出ることで、その企業の概要や採用情報を知ることができます。

企業の概要は、業務内容や企業がこれから力を入れていく分野について教えてもらえます。ここで企業の方向性と自身のやりたい事がマッチしているのかどうかを判断できます

また採用情報では、スケジュールや採用の流れ、企業がどのような人を採用したいかといったことを話すことが多いです。

社員の方へ直接質問できる機会がある場合もあるので、自身が持っているイメージと現実とのすり合わせをするためにも説明会は出ておいた方が良いです。

 

Webセミナーという形で、自宅から参加できるセミナーもあります。こちらも説明会と内容は同じであることが多いです。ネット環境があれば参加できるので、交通費も特にかかりません。参加できるものがあれば参加してみると良いと思います。

Webテスト

Webテストは大きく分けてテストセンターで受ける場合とパソコン上で受ける場合の2パターンあります。またどちらの場合も自身の点数を知ることはできません。

 

ここの点数によっては次の選考に進めないこともあります。

エントリーシート

エントリーシートは、企業に対して自身をアピールするものです。ここでは、「志望動機」「自己PR」「ゼミや研究」「資格」について書きます。項目は企業によって様々ですが、主にこれらの項目について書くことになります。

 

エントリーシートの内容によっては次の選考に進めないこともあります。

面接

面接では実際に採用担当の方と面接を行います。面接では、主に「志望動機」「自己PR」「ゼミや研究」などについて聞かれます。ここも企業や採用担当者によって若干変わりますが、少なくともこれらの項目を押さえておきましょう。

 

また企業によっては、面接が数回ある場合や最終面接があったりします。

内定

これまで説明してきた選考を終えて、企業側が採用したいという結論を出せば、内定をもらうことができます

 

就職活動でやること

先ほどは就職活動の一般的な流れについて説明しました。ここでは就職活動でやっておくべきことについて説明します。

軸を決める

別の記事でも書きましたが、就職活動を行う軸を決めます。なぜ就職活動を行うのか、なんで就職する必要があるかなどを考えます。

自己分析をする

自己分析は自己PRを書くためにやっておくべきことです。自分について考えることはなかなかないので、就職活動の時期に関わらずやっておくとよいことです。また就職活動中は自己分析をする時間がなかなか取れないこともあるので、早めにやっておくことをお勧めします

企業研究をする

企業研究は、「企業がどのような活動をしているのか」「これからどのような分野に力を入れていくのか」「業界の中でどの位置にいるか」などについて調べます。企業研究をすることで自分がやりたいこととのギャップを埋めることができます

企業研究を行うことで志望動機を書くことができます。

面接練習を行う

面接練習では、実際の面接を想定した練習を行います。基本的にはエントリーシートに沿って面接が行われますが、自分の言葉で話せるように練習しておきましょう。

 

まとめ

今回は、就職活動の流れと就職活動でやる事について説明しました。事前に準備することができるものについては早めに行って対策しておきましょう。

 

 

Sponsored Link

-就職活動

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5