リオデジャネイロオリンピック

【リオオリンピック】シンクロの代表と出場国・日程まとめ

2016年8月5日(金)にブラジルのリオデジャネイロで開催を迎える2016年夏季オリンピック。4年に1度の大イベントということで日本のみならず、世界でも盛り上がりを見せていますね。

そこで日本代表選手応援のため、今回はシンクロナイズドスイミング代表や出場国についてまとめました。また日程などについてもまとめています。

Sponsored Link

シンクロナイズドスイミングついて

シンクロナイズドスイミングは1984年ロサンゼルスオリンピックより実施されています。今回のオリンピックでは、2人1組で行われる「デュエット」と8人1組で行われる「チーム」の2種目が行われます。

日本はこれまでに4個の銀メダルと8個の銅メダルを獲得していますが、金メダルは獲得したことがありません。今大会では金メダルの期待が高まりますね。

またシンクロナイズドスイミング日本代表は「マーメイドジャパン」という愛称で親しまれています。

シンクロナイズドスイミングの日程

リオデジャネイロオリンピックでのシンクロナイズドスイミングの日程です。

2016年8月15日~20日

出場国

シンクロナイズドスイミングはデュエットもチームも各国最大1組まで出場できます。またデュエットに出場する選手は、基本的にチームでの演技にも出場します。

シンクロも他のいくつかの競技と同じように、出場枠を獲得した選手が五輪出場権を与えられるわけではありません。最終的には各国の連盟や協会が決めることになっています。

現時点で出場枠を獲得している国は下記のとおりです。

 

<シンクロデュエット>

・ブラジル
・ロシア
・中国
・オーストラリア
・エジプト
・南アフリカ
・カナダ
・日本
・ウクライナ

・オセアニア1枠
・世界最終予選11枠(2016年3月決定)

日本は2015年世界選手権で五輪出場枠を獲得しています。ちなみにこのときのメンバーは乾友紀子選手と三井梨紗子選手のペアです。

 

<シンクロチーム>

・エジプト
・ブラジル
・中国
・ロシア
・オーストラリア

・世界最終予選3枠(2016年3月決定)

日本は2015年世界選手権で3位になりましたが、中国が2位だったためアジア勢に与えられる1枠は中国が獲得しました。そのため世界最終予選で日本は出場枠を獲得しなければなりません。

追記

五輪世界最終予選でシンクロチームは2位となり、五輪出場権を獲得しました!

まとめ

今回はリオオリンピックでのシンクロナイズドスイミングについて紹介しました。日本は世界選手権では3位に入っているので、この調子で出場枠を獲得し、本番では初の金メダルを期待しています!

Sponsored Link

-リオデジャネイロオリンピック

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5