リオデジャネイロオリンピック

【リオオリンピック】ウエイトリフティング代表選手・日程まとめ

2016年8月5日(金)にブラジルのリオデジャネイロで開催を迎える2016年夏季オリンピック。4年に1度の大イベントということで日本のみならず、世界でも盛り上がりを見せていますね。

そこで日本代表選手応援のため、今回はウエイトリフティング(重量挙げ)の日本代表についてまとめました。出場条件や競技日程についてもまとめています。

Sponsored Link

ウエイトリフティングについて

ウエイトリフティングは、男子は1896年アテネオリンピックから、女子は2000年シドニーオリンピックから実施されています。今回のオリンピックでは下記の15種目が行われます。

<男子>
・56kg級
・62kg級
・69kg級
・77kg級
・85kg級
・94kg級
・105kg級
・105kg超級

<女子>
・48kg級
・53kg級
・58kg級
・63kg級
・69kg級
・75kg級
・75kg超級

日本は1964年東京オリンピックと1968年メキシコシティーオリンピック男子フェザー級(当時の種目名)で、三宅義信選手が金メダルを取っています。女子は前回のロンドンオリンピック女子48kg級で三宅宏実選手が銀メダルを獲得しています。三宅義信選手と三宅宏実選手は姪と伯父という関係です。

 

日程

ウエイトリフティングの日程は以下のとおりです。

2016年8月6日~16日

 

出場選手

現在出場が確定している選手はいません。出場内定の選手は下記のとおりとなります。

女子48kg級:三宅宏実選手

前回大会で銀メダルを獲得しているだけに、今回もメダルが期待されます。

 

 

出場枠について

ウエイトリフティングは1か国ですべての階級に出場することはできません。各国で出場枠が決められており、枠の中で各国が出場する選手を決定します。出場枠は、国別のランキングによって決まります。

日本の男子・女子の出場枠は下記のとおりです。

男子:枠なし
女子:4枠

男子は現時点で枠を確保していませんが、2016年7月に行われるアジア選手権で本が7位以内に入ると出場枠を1枠獲得できます
女子は4枠を獲得し、内定の選考基準である「2015年世界選手権大会で8位以内入賞者のうち、上位1名」に当てはまる三宅宏実選手が五輪内定となりました。

 

 

まとめ

今回はリオオリンピックでのウエイトリフティング(重量挙げ)について紹介しました。三宅宏実選手はオリンピックに出場するたびに順位を上げている(9位⇒6位⇒2位)ので、今回は金メダルが期待されます。応援しています!

Sponsored Link

-リオデジャネイロオリンピック

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5