WEBサービス・アプリ

IFTTTでGoogleDriveのレシピを解説!

とても便利なツール「IFTTT」。今回は「GoogleDrive」を使ったレシピについて考えてみます。IFTTTって何?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 IFTTTの使い方を日本語で解説!

Sponsored Link

「GoogleDrive」とは何か?

GoogleDriveはGoogleが提供する、ファイルを保存することができるサービスです。Googleアカウントを持っていれば、パソコンやスマートフォンなど色々な場所からアクセスできるのでとても便利なサービスとなっています。

 

IFTTTで使える「GoogleDrive」のトリガー

GoogleDriveのトリガーはありません。アクションに特化したサービスといえますね。

 

 

IFTTTで使える「GoogleDrive」のアクション

GoogleDriveで指定できるアクションは4個あります。

【Upload file from URL】
「与えられたURLからファイルをダウンロードして、GoogleDriveへ保存する」というアクションです。一度にダウンロードできるファイルサイズの上限は30MBです。

・File URL ファイルのURLを指定します
・File name ファイル名を指定します
・Drive folder path GoogleDrive内での保存先を指定します

【Create a document】
「GoogleDriveの指定された場所にファイルを作成する」というアクションです。

・Document name ファイル名を指定します
・Content ファイルの内容を指定します

【Append to a document】
「GoogleDriveの指定したファイルに追記していく」というアクションです。追加した際に2MB以上になると、新しくファイルが作成されます。

【Add row to spreadsheet】
「指定したシートへ行を追加する」というアクションです。2000行までいくと、新しくシートが作成されます。

・Spreadsheet name シート名を指定します
・Formatted row 行を指定します

 

「GoogleDrive」を使ったレシピの例

GoogleDriveを使ったレシピを紹介します。

・連絡先へ追加した人の情報をシートへ追加して保存する

IFTTT Recipe: Save new contacts to a Google Spreadsheet connects ios-contacts to google-drive

・iPhoneで撮った写真をGoogleDriveへ保存する

IFTTT Recipe: Upload new iOS Photos to Google Drive connects ios-photos to google-drive

・メールの添付ファイルをGoogleDriveへ保存する

IFTTT Recipe: Save new email attachments to Google Drive connects gmail to google-drive

・Twitterのつぶやきを全てGoogleDriveへ保存する

IFTTT Recipe: Save every tweet connects twitter to google-drive

・雨が降った履歴をGoogleDriveへ記録していく

IFTTT Recipe: Log rain in your city to a spreadsheet as it happens connects weather to google-drive

 

まとめ

今回はGoogleDriveを使ったIFTTTのレシピについて解説しました。GoogleDriveはファイルを保存したり編集したりできるサービスなので、アクションに特化したレシピになっています。バックアップや履歴をとる際に利用すると便利になると思います。

Sponsored Link

-WEBサービス・アプリ

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5