WEBサービス・アプリ

IFTTTでYouTubeのレシピを解説!

とても便利なツール「IFTTT」。今回は「YouTube」を使ったレシピについて考えてみます。IFTTTって何?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 IFTTTの使い方を日本語で解説!

Sponsored Link

「YouTube」とは何か?

みなさんご存じだと思いますが、YouTubeは動画を視聴したりアップロードしたりできるサービスです。普段から動画を見ている方にはおなじみのサービスですね。

 

IFTTTで使える「YouTube」のトリガー

YouTubeのトリガーは3個あります。

【New liked video】
「動画をLikeしたら、」というトリガーです。

【New watch later video】
「動画をプレイリストへ追加したら、」というトリガーです。

【New public video uploaded by you】
「動画をアップロードしたら、」というトリガーです。

 

IFTTTで使える「YouTube」のアクション

YouTubeで指定できるアクションはありません。

 

「YouTube」を使ったレシピの例

YouTubeを使ったレシピを紹介します。

・後で見るリストへ追加した動画リストをEvernoteへ保存する

IFTTT Recipe: Add your 'Watch Later' videos to Evernote connects youtube to evernote

・後で見るリストへ追加した動画リストをPocketへ保存する

IFTTT Recipe: Save videos in Pocket added to your Watch Later playlist connects youtube to pocket

・動画をアップロードしたら、Facebookページへもアップロードする

IFTTT Recipe: Post your YouTube uploads to a Facebook Page connects youtube to facebook-pages

・Likeした動画をTwitterでシェアする

IFTTT Recipe: Share videos you like on YouTube to Twitter connects youtube to twitter

・Likeした動画をGoogleDriveへ保存する

IFTTT Recipe: Save all of your liked videos in a spreadsheet connects youtube to google-drive

 

 

まとめ

今回はYouTubeを使ったIFTTTのレシピについて解説しました。YouTubeは普段から使っている方も多いので、IFTTTでのレシピのイメージも付きやすいと思います。また、自分で動画をアップロードする方はTwitterやFacebookと連携したレシピは便利だと思います。

Sponsored Link

-WEBサービス・アプリ

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5