WEBサービス・アプリ

IFTTTで時間(Date & Time)のレシピを解説!

とても便利なツール「IFTTT」。今回は「Date & Time」を使ったレシピについて考えてみます。IFTTTって何?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 IFTTTの使い方を日本語で解説!

Sponsored Link

「Date & Time」とは何か?

「Date & Time」はIFTTTが提供しているサービスです。時間を管理して、ある特定の時間になったら~をするといったような形でトリガーの役割を担っています。

 

IFTTTで使える「Date & Time」のトリガー

Date & Timeのトリガーは5つあります。

【Every day at】
「毎日、指定した時間になったら、」というトリガーです。

・Time 時間を指定します

【Every hour at】
「毎時間、指定した時間になったら、」というトリガーです。

・Minutes past the hour 毎時何分かを指定します。15分刻みで指定できます。

【Every day of the week at】
「毎週、指定した時間になったら、」というトリガーです。

・Days of the week 何曜日かを指定します

【Every month on the】
「毎月、指定した時間になったら、」というトリガーです。

・Day of the month 月の何日かを指定します

【Every year on】 
「毎年、指定した時間になったら、」というトリガーです。

・Date and time 日時を指定します

 

IFTTTで使える「Date & Time」のアクション

Date & Timeで指定できるアクションはありません。

 

「Date & Time」を使ったレシピの例

Date & Timeを使ったレシピを紹介します。

・バレンタインデーの朝はローズ色の明かりが付く

IFTTT Recipe: Wake to the colors of roses on Valentine's Day! connects date-time to philips-hue

・誕生日に友達をお祝いする

IFTTT Recipe: Say thank to friends on facebook for happy birthday connects date-time to facebook

・結婚記念日の1週間前にメールが来る

IFTTT Recipe: Remind me a week before my wedding anniversary! connects date-time to email

・年始のあいさつをTwitterに自動でする

IFTTT Recipe: Tweet Happy New Year! connects date-time to twitter

・誕生日の通知が来る

IFTTT Recipe: Birthday Reminders  connects date-time to if-notifications

 

まとめ

今回はDate & Timeを使ったIFTTTのレシピについて解説しました。時間をトリガーとするサービスなので、毎日・毎週・毎年行っていることと組み合わせることで便利になりそうですね。ちなみに私はDate & Timeを使って「1週間の初めになったら、1週間の予定を立てるToDoを作成する」というレシピを作っています。

Sponsored Link

-WEBサービス・アプリ

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5