WEBサービス・アプリ

IFTTTで場所(iOS Location)のレシピを解説!

とても便利なツール「IFTTT」。今回は「iOS Location」を使ったレシピについて考えてみます。IFTTTって何?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 IFTTTの使い方を日本語で解説!

Sponsored Link

「iOS Location」とは何か?

「iOS Location」はGPSなどを使った場所の情報(位置情報)を取得するサービスです。これを使ったレシピを作るためには、iPhoneに「IF」のアプリをインストールする必要があります。

IFTTTで使える「iOS Location」のトリガー

iOS Locationのトリガーは3つあります。

【You enter an area】 
「指定したエリアに入ったら、」というトリガーです。

・Locate an area エリアを指定します

【You exit an area】 
「指定したエリアから出たら、」というトリガーです。

【You enter or exit an area】 
「指定したエリアに入るか、出たら、」というトリガーです。

IFTTTで使える「iOS Location」のアクション

iOS Locationで指定できるアクションありません。iOS Locationは位置情報を取ってくるサービスなので、アクションはないです。

「iOS Location」を使ったレシピの例

iOS Locationを使ったレシピを紹介します。

・場所を指定して、その場所へ何度出入りしたのかをGoogleDriveに保存する

IFTTT Recipe: Log how much time you spend at home/work/etc.  connects ios-location to google-drive

・地元の場所を登録しておき、地元に帰ってきたらFacebookで知らせる

IFTTT Recipe: Let your friends know when you're back in town connects ios-location to facebook

・家から出たら、リマインダ―に追加する

IFTTT Recipe: When I leave home, show my To Do List connects ios-location to ios-reminders

・家に近くなってきたら、Twitterで指定した人にダイレクトメッセージを送信する

IFTTT Recipe: Nearly home? Direct Message the person who should know connects ios-location to twitter

・家から出たら、自動的に電気を消す

IFTTT Recipe: When you leave home your lights will automatically turn off connects ios-location to philips-hue

 

まとめ

今回はiOS Locationを使った場所に関連するIFTTTのレシピについて解説しました。個人的には、最後に紹介した自動的に電気を消すレシピはとても便利だと思います。電気の消し忘れが無くなりますし、もしかしたらリモコンも使う必要が無くなるかもしれませんね。

Sponsored Link

-WEBサービス・アプリ

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5