WEBサービス・アプリ

IFTTTでメールのレシピを解説!

とても便利なツール「IFTTT」。今回は「Email(メール)」を使ったレシピについて考えてみます。IFTTTって何?という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 IFTTTの使い方を日本語で解説!

Sponsored Link

「Email」とは何か?

みなさんは普段から携帯等でメールを利用されていると思いますが、ここでのEmailはIFTTTが提供するサービスとしてのメールになります。メールアドレスは、IFTTTに登録を行った時に入力したものが使われます。

 

IFTTTで使える「Email」のトリガー

Emailのトリガーは2個あります。

【Send IFTTT any email】
「IFTTTへメールを送ったら、」というトリガーです。メールの送信先は「trigger@recipe.ifttt.com」になります。またオプションで添付ファイルを付けて送ると、それを元にしてURLを作成してくれます。

【Send IFTTT an email tagged】
「IFTTTへタグ付きでメールを送ったら、」というトリガーです。送信先やオプションは「Send IFTTT any email」のトリガーと同じです。

 

IFTTTで使える「Email」のアクション

Emailで指定できるアクションは1個あります。

【Send me an email】
「メールを受信する」というアクションです。HTML形式で送られて来ます。また画像やリンクなどにも対応しています。

・Subject 件名を指定します
・Body メール内容を指定します

 

「Email」を使ったレシピの例

Emailを使ったレシピを紹介します。

・iPhoneの写真をメールで受信する

IFTTT Recipe: Email me my new iPhone photos connects ios-photos to email

・IFTTTからのお知らせがあったら、メールを受信する

IFTTT Recipe: Follow IFTTT's announcements and launches from your inbox connects ifttt to email

・ニューヨークに着いたら、地下鉄の地図を受信する

IFTTT Recipe: When you arrive in New York City, send yourself a map of the subway connects ios-location to email

・指定したユーザのツイートがあったら、メールを受信する

IFTTT Recipe: New tweet by specific user→Send me an email connects twitter to email

・IFTTTへメールを送信したら、添付ファイルがある場合はDropboxへ保存する

IFTTT Recipe: Forward emails to trigger@recipe.ifttt.com to save an #attachment in Dropbox connects email to dropbox

 

まとめ

今回はEmailを使ったIFTTTのレシピについて解説しました。普段メールを使っている方も多いと思いますので、このレシピは便利だと思います。特にニューヨークに着いたら地図を受信するというレシピは、場所を変えればどこでも応用が利きますね!

Sponsored Link

-WEBサービス・アプリ

© 2021 ネットライフ備忘録 Powered by AFFINGER5